外的ダメージが引き起こす抜け毛・薄毛

頭皮も髪もデリケート

 

顔の肌のお手入れには気を遣うのが普通で、清潔にしたり、保湿したり、日焼け止めを塗ったりなどのケアをしていると思います。
でも、頭皮や髪はそこまで気を遣うことはあまりないと思います。

 

頭皮は顔の皮膚とつながっているので、基本的には顔の肌と同じですし、髪はいつでも外からの様々な刺激にさらされています。
実は、頭皮も髪もとてもデリケートでダメージを受けているのです。

 

ヘアスタイルひとつ取っても、強く引っ張り上げたり、いつも同じ分け目で分けているというだけでダメージを与えているのです。

 

 

肌の大敵「紫外線」は頭皮や髪にも大敵

 

紫外線は「日焼けを起こすもの」と認識されていますが、実はそれだけでなく肌の奥まで達して肌にダメージを与えています。

 

頭皮や髪は紫外線にさらされる時間が長い分、紫外線によるダメージを多く受けています。
髪は、紫外線にさらされることで日焼けもしますし、髪を構成するケラチンというタンパク質が紫外線に攻撃されると、枝毛や切れ毛などが起こりやすくなります。
頭皮は髪に覆われているので、あまりダメージを受けないと思われがちですが、紫外線は肌の奥にも届くので、ダメージを受けてしまいます。

 

頭皮の奥まで達した紫外線は、髪の元となる毛母細胞にもダメージを与えます。
毛母細胞がダメージを受けると抜け毛や薄毛が増えてしまいます。

 

特に分け目付近は、髪に覆われていない分、紫外線が頭皮へ与えるダメージがさらに大きくなります。

 

 

汗を放置すると抜け毛・薄毛の原因に

 

そして、普段何気なくかいてしまっている汗も、放置すると頭皮へのダメージを与えてしまいます。
しっかり拭かないで放置してしまうと、毛穴に流れ込み、皮脂と混ざり、脂性の汚れとなり、古くなった角質などと一緒に固まり毛穴などをふさいでしまいます。

 

汗が入り込んだ毛穴の中は細菌が繁殖しやすくなっており、炎症を起こしたりしてしまうため、毛穴の環境の悪化から抜け毛が増えてしまいます。

 

汗をかいた際は本来なら洗い流すことがベストですが、なかなかそれは難しいと思うので、すみやかにふき取ることをお勧めします。
外出先ではふきとり、帰宅後すぐに洗い流すというのがよいでしょう。
汗はふき取らずに放置してしまうと乾いてしまうことがありますが、水分だけが蒸発して、汗の尿素などの成分が毛髪や頭皮に残ってしまうため、結果、ダメージを与ええることに
なりってしまいます。

 

たかが汗とあなどらず、しっかりケアしてあげることが必要です。